風景写真家 新井人の世界

ダバダ火振

2015年10月31日

推理小説「尾瀬・至仏山殺人事件」「蒼い靄の中で・尾瀬沼殺人事件」(日本写真企画刊・1,300円)に、たびたび登場する四万十川沿線の栗焼酎・ダバダ火振を、四万十川の撮影で知り合った方の奥様が送ってくれました。お礼の電話をしたところ、大正町は四万十町に、中村市は四万十市にそれぞれ変更されたとのことですが、四万十の流れとダバダ火振の味は変わらないとのことでした。拙宅から四万十市まで約1,200㎞とけして近い距離ではありませんが、電話の向こうに沿線の風景と人情が浮かびました。ダバダ火振り

カテゴリ:徒然なるままに
2017年9月24日
2017年9月23日
2017年9月22日
2017年9月21日
2017年9月20日
2017年5月13日
2017年5月13日
2017年3月20日
2017年2月16日