自然写真家 新井人の世界

雨が似合う

2021年5月20日

森の撮影をしていて雨が似合うと感じたのは、かれこれ20年程前になるような記憶があります。それからは下北半島のアオモリトドマツ(ヒノキアスナロ)、十和田・八甲田、そして鳥海山麓のブナの森、さらに天城山系、大台ヶ原の西大台のコケの森などもです。ただ撮影そのものは機材、特にレンズの前玉が雨に濡れないようにと工夫するなど、晴天に比べて煩わしい作業と感じたのも正直なところです。関東地方の梅雨入れこそ発表されないものの・・・

 

 

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年9月17日
2021年9月16日
2021年9月15日
2021年9月14日
2021年9月13日