自然写真家 新井人の世界

春から初夏へ

2021年5月31日

湿原から残雪が消えて多くの植物が花を咲かせ、周辺の森や拠水林などの木々が緑の葉を広げて、尾瀬ヶ原も春から初夏へと季節を移していました。同時に木道を歩く人々が増えて、かなり遠くからでも歓声を感じることが出来ました。そんな多くの人たちのお目当ては当然ミズバショウで、群生地ではカメラやスマホで撮影に興じる姿が多く見られました。昨年はコロナ禍で揺れた尾瀬ですが今年はほぼ例年並みに動き出したので、これから冬眠に入るまでの間・・・

 

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年6月22日
2021年6月21日
2021年6月20日
2021年6月19日
2021年6月18日