自然写真家 新井人の世界

姿を消す

2021年6月3日

昨日確認したアサギマダラの小さな幼虫を探してみたものの、周辺のクサタチバナを含めて姿を見ることが出来ませんでした。それは最近視力が低下した私の探し方が悪かったのか、あるいは自然界にたくさんいるだろう外敵に襲われてしまったのか、その理由は素人の私には分かりません。何れにしても園内で産まれたアサギマダラが、無事成虫になれるのは極々少数なのも自然界の掟なのか、今年も8月中旬ごろまでの長い観察の日々が続きそうで・・・

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年6月22日
2021年6月21日
2021年6月20日
2021年6月19日
2021年6月18日