自然写真家 新井人の世界

ブナっ子

2021年6月14日

ブナの森の多くは雪解けと共に林床が笹に覆われるために、新しく生まれたブナっ子を見つけ難いのですが、森の散策路や登山道の縁にその姿を見つけることがあります。鳥海山麓中島台などでは「あがりこ大王」や「獅子ケ鼻湿原」のコースが整備されていて、意識して歩いていれば見つけることができます。しかしこのブナっ子の多くは大きく成長することができずに、自然淘汰されてしまうのが自然界の掟とも言えます。写真は樹齢推定約300年、幹周り7,6m、の巨樹と新しく発芽したブナっ子ですが・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年12月6日
2021年12月5日
2021年12月4日
2021年12月3日
2021年12月2日