自然写真家 新井人の世界

森歩き

2021年7月27日

少しくどくなりますが森の中は直射日光を遮り、この季節としては比較的過ごし易い場所のひとつで、コケを探しながらの撮影者としてはありがたい限りです。しかし、肝心のコケはマクロレンズで覗いてみると、やはり乾燥した表情で雨の日に比べると精彩に欠けるように見えます。そんなことからもしもコメツガ、トウヒなどが葉を落としたら、緑の絨毯のように広がっているコケは一気に危機状態となり、北八ヶ岳の森はみる影もなくなってしまうのではと・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに
2022年5月20日
2022年5月16日
2022年5月12日
2022年5月9日
2022年5月6日