自然写真家 新井人の世界

見られていたようで

2021年8月3日

迷彩服は着ないもののミズスマシの池に佇んでいる姿を、水飲みや水浴びに訪れる多くの野鳥たちに見られていたようですが、彼らは南側のツツジの茂みの中とか高い木の枝などにいるらしく、私からはなかなかその存在すら見極めることができません。ですからお目当てのカワセミも白い望遠レンズと私を、どこからか監視していたのかもしれません。それにしても、餌となるクチボソがカワセミの旺盛な食欲を満たすだけいるのか、あるいは鯉に食べられてしまったのか・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2022年5月20日
2022年5月16日
2022年5月12日
2022年5月9日
2022年5月6日