自然写真家 新井人の世界

ヤマラッキョウ

2021年10月16日

爽やかな秋晴れの下赤城自然園を歩きましたら、チョウのはらっぱなどで赤紫色したヤマラッキョの花が目立ち始めました。この花を見ると福井県旧三国町や鳥取県旧福部村などで、見渡す限り紫色していたラッキョウの畑を思い出します。また三国町では、毎年東尋坊撮影時によく土産としても求めたものです。ちなみにヤマラッキョウはヒガンバナの仲間のようですが、こちらは鱗茎を水洗いして軽く茹でると食せるとのことですが、同園で失敬することはできませんから・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2022年5月20日
2022年5月16日
2022年5月12日
2022年5月9日
2022年5月6日