自然写真家 新井人の世界

同居する冬

2021年10月26日

いつものことだけれど天候次第で秋が一瞬にして冬になることがあり、撮影機材だけではなく身支度や相棒の冬支度が必要です。しかしこうした天候の急転は長続きをしないことが多く、秋の風景に戻ることがしばしばです。とは言うものの一旦落葉した葉が梢に戻ることはないから、やはり冬に向かっていることになります。きれいに色づいた紅葉に純白の淡雪は千載一遇のチャンスには違いないものの、雪が消え去った後の彩は鈍くなってしまい・・・

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2022年5月20日
2022年5月16日
2022年5月12日
2022年5月9日
2022年5月6日