自然写真家 新井人の世界

名残

2019年12月6日

休園中の森は野鳥の声と頭上を流れる風の音だけで、開園時では想像もできない静けさでした。散策路もバークの上に積もった落ち葉が音を立てて、さらに心地よい感触で歩きやすいのが何よりです。今年は森の木々の実の付きが例年よりも悪く、撮影することがあまりできませんでした。何でも県北の奥山ではブナやミズナラなどもの実が少なくて、冬眠を間近にしたクマが十分な餌を得られなかったのではと・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに
2024年2月24日
2024年2月18日
2024年2月13日
2024年2月7日
2024年1月30日
2023年8月5日
2023年6月14日
2023年5月8日
2023年3月9日
2022年12月13日